So-net無料ブログ作成
検索選択
会社のこと ブログトップ
前の10件 | -

色々あるな [会社のこと]

チームを実質的に取りまとめている、なかなか優秀な女性の部下。
今日、あることでチェックを依頼されたので一点だけ指摘したところ、相当自信があったと見えてすごい形相で反論してきた。
こちらはまさかそんなことになるとは思っておらず、周りのスタッフたちも集まってきて一瞬たじたじとなった。
結局、自分の指摘は正しかったことが判明したのだが、ちょっと後味が悪かった。
前向きにとらえれば、このような些細なことではあるが、彼女が自分の仕事にどの程度自信を持っているのかを垣間見ることができた。
常々、管理職としてどれだけ口出しすればよいのか迷うことが多いのだが、今回の件は今後の対応の大きな参考になった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

管理職としての苦労 [会社のこと]

2年前に採用した男性スタッフ。7年間監査法人にいた、「会計士補」さんだ。
採用時の予想通り、仕事が粗く、単純ミスが多すぎる。最初は慣れないためかと思っていたが、どうやらそうではないらしい。注意力が短時間しか続かないのであろう。
それはそれで、そういう人もいる、という認識はある。
よって、これまできつく注意はすることも避けていた。
しかし、話を聞いていると、どうも自分のミスは「時間がないから」「会社にエラーを発見する仕組みがないから」といったことのせいにしているようだ。それを聞いてさすがにたまりかねて「仕組みがどうであろうとやらなければならないことはやるべきだ。君はミスが多すぎる。」といったところ、だからどうなんだといわんばかりに開き直った態度。「ミスをするのは本当にごめんなさいと思っている。しかし口角泡をとばしていうほどのことではない」とまで言われた。「自分は社会人としての長年の経験もある」などとも。いったいどういう経験というのだろう。
僕は経験があろうとなかろうときっちり仕事をしてくれさえすればよいのだが。
また「それが○○さんの私に対する評価なんだと思う」と。そうだよ。それは僕は否定しない(と心の中でつぶやいた)。

以前の職場で同じようなスタッフと一緒に仕事をしたことがある。
共通点は、
頭の回転が基本的に速い。
自分に自信がある。欠点があるという自覚がほとんどない。
単純ミスが非常に多い。が、それに関して自分を責めるようなことは決してない。
口は達者。
字が極端に下手。机の上も整理が極端に苦手。

昨日もこんなことがあった。
仕事中、一回当たり短時間ではあるが頻繁にネットサーフィンをしているので注意したところ、きょとんとして「なぜ注意されたんだろう」という顔。
「自分は午前中に重要な書類は集中してやり、午後は頭が働かないので事務的な仕事をしている」
まあここまでは理屈としてはある程度通っている。
「だから、一つ仕事の区切りがついたらいったんネットで気分転換して次の仕事をしている」
「もしネットを見ていることで他の人に悪影響があるのなら、違う方法で気分転換を考えるしかない」だと。
もうここまでくると、理解不能なのでもういいことにした。
長いこと彼と一緒にすることは恐らくないであろう。自分か彼、どちらかがこの職場を離れるはずだ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

決算も終了 [会社のこと]

3月決算の監査も終了し、事業報告・計算書類も作り終え、先週の取締役会で決算も承認された。
この会社に入って3度目の決算、実質自分が仕切るのは2度目だが、今回は慣れてきて油断があったせいか、直前にドタバタしたという意味ではいまいち納得のいく仕事ではなかった。
今回から開示する必要のある「金融商品の時価開示」なども、すっかり会計士に頼ってしまった。

それにしても社内のみなさん、締め切り間際に事業報告の内容にいろいろ注文をつけないで、もっと早くドラフトに目を通してくださいよ・・・。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

仕事の合理化も楽しまなくちゃ [会社のこと]

経理責任者といっても、部下2人しかいないので完全なるプレイング・マネージャーだ。
ちょっと手の込んだ仕事になると、自分でやらざるを得なくなり丸一日PCに向かって作業していることもザラにある。
時折、「できればこんな細かいことはだれかに任せたいなぁ」と思うこともあるのだが、最近は、これも仕方のないこと、むしろプラスに考えよう、と思うようになってきた。
(そもそも、日常業務をしっかりとこなしてくれるスタッフに、改めて感謝せねば。)

これまで1年半、少しずづ業務の改善を行ってきたが、今の職場は改善の余地がまだまだありそう。
いわば、コンサルタントになったつもりで改善を考えて実行していけば、きっと自分にも会社全体にもプラスになるはず。
よく言われる「仮説→検証」の考え方がいい例だが、確かに実際に使ってみて非常に役の立つノウハウというものはあるものだ。今後はその方面の本も参考にしながら突っ込んでいってみたい。

単なる作業屋(経理マンの場合は、よく「ビーン・カウンター」などという)になるつもりはないが、自分の歩いた道が砂利道から舗装道路になっていくのは気持ちのよいもの。
これからも、がんばるぞ~。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

私の転職日記 その11 [会社のこと]

前回より続き

 同じ頃、グループ内の別会社の経理責任者として転籍する話も進んでおり、また偶然にも知り合いから誘いの話が2社ほどあり、その中でグループ会社への転籍を選択することにした。これで、なんと5回目の転職で、勤務先としては6社目となり、今の勤務先でもある。
 経理スタッフは自分以外に社員1名、派遣社員1名の計3名だ。自分が入社するまでは経理責任者が事実上不在で、体制としてかたちになっていなかった。これを整えること、また同時に部下を指導すること、という命題があったのだが、この辺は(図らずも)自分の得意分野となっているので役に立てそうだと思ったし、1年半経過して実際少なからず会社に貢献できたと自負している。余談だが、一緒に仕事をしている部下の人柄が素晴らしい。社長とよく「どんだけいい人なんだ!」と感嘆している。
 ところでこの会社に入社する際、「ポジションは経理の責任者。上司は直接社長」という条件を出させてもらった。以前在籍した会社で、自分のポジションが明確でなかったことがあったのでそれを教訓に、経理責任者として自分の立場を明確にしておきたかった。こちらの希望を言えるような立場の人は、このようなことも言ってよいと思う。
 いまの職場は仕事、人間関係等の面で環境が良く、そういう面では気に入っているのだが、残念なことに業績が芳しくなく、正直な話、全く先が見えない。今後どうなることか・・・何かまたひと波乱ありそうな気もする。

 ところでこれまでを振り返って思うことは、やはり「信用」と「人のつながり」は大事だ、ということ。これまで有難いことに、事あるごとに色々な人から誘いの声をかけてもらった。また、自分で事業を起こすと辞めていった部下から、「僕の会社が上場する段階になったら来てもらえますか?」と言われたこともある。もちろん半分リップサービスなのだろうが、言われて嫌な気はしない。嫌な人とも我慢して付き合うべきだ、と言うつもりもないし自分にその資格も無い。仕事の面でも人間そのものの面でも他人から信頼される人になりたいと思う。
 自分のここ5年程度を考えてみると「経理」の知識とスキルはほとんど伸びていないかもしれない。今やっている経理業務の大半は、自分より10歳年下の人でも出来るような内容だ。ただし仕事の段取り、コミュニケーション、部下のマネジメント、といった能力に関しては間違いなくアップしたと思う。今後もそのあたりはさらに延ばしていきつつ、知識やスキルの面では経理以外に関与できる幅を広げることを心がけていきたい。

おわり
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

私の転職日記 その10 [会社のこと]

前回より続き

 この会社はファンドの管理の関係で年に何社もペーパー会社を設立していたが、単なる子会社ではないためそれを連結決算にどう反映させるかの判断が個別に必要で、常に社内の動きを把握しながら情報を収集し、会計法規と照らし合わせて社内他部署や監査法人と協議する、ということを毎四半期ごとに繰り返していた。長時間の残業や休日出勤も常態化していたが、それなりにやりがいもあったし業績が伸びる中で賞与を含む収入も多少増加していった。
 一方で、この会社に生涯勤務し続ける気は全く無かった(理由は省略)ので、「さてどうしようか」という思い始めた頃、新入社員の頃の上司で当時某外資系企業に在籍していた方から連絡があった。内容は「知り合いが経理のできる人を探している。会ってみないか?」という話だった。
 その会社は不動産ファンドへの投資、あるいは場合によっては派生的に企業への投資も行う会社で、親会社の看板と資金をあてに作られた10名ほどの小さいチームであった。自分に求められた仕事は経理ではなく、ファンドの組成や運用(いわゆるAM)をやりつつ、必要があれば投資先に出向してそこで経理をやる、というものだった。それまでの仕事とは随分と畑違いであったが、直感的に面白そうだと感じたこと、また仮に出向することになったとしても、それはそれで自分の経験が活かせると思ったため、お世話になることにした。
 結局、在籍した2年間で出向することはなかったのだが、数字を扱う面で経理の経験を活かしつつ、少しは自分の「幅」を広げることができたと思う。また何よりも、周りのメンバーが優秀な人ばかりで刺激になり、参考にもなったのが収穫だった。親会社の方針でチームを解散することになった時(それは既定路線でもあった)、最初はチームごと独立するという話もあったが、ちょうどその頃いわゆるサブプライム問題が騒がれだして不動産市況が冷え込み始めた頃で、独立してやっていくのは厳しい状況であった。その後、某外国企業の日本進出に合わせてチームごと移るという方向で進んだが、結局その企業もサブプライムで痛んでしまってとても日本進出どころではないということが判明し、その話も無くなった。

続く

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

私の転職日記 その9 [会社のこと]

前回より続き

次の転職活動にあたり、エージェントに依頼もかけたのだが、これまた偶然に最初の会社の上司だった人からある不動産ファンド会社を紹介されたのをきっかけに、面接を経て経理マネージャーとしてこの会社に入社することになった。
ここでは財務部門や総務部門が別にあったので、もっぱら月次・年次決算などの主計業務に専念することになった。
この会社は当時上場してはいたが経理体制は整備されておらず、部下を指導しつつ不動産の売買、賃貸、ファンド組成と投資等々について経理処理をその都度考えながら整備していく毎日だった。
残業や休日出勤が多く、また精神的なプレッシャー、ストレスも多い日々ではあったが、実質的な経理責任者としての業務、部員のマネジメント等色々な面でいい経験をさせてもらった。また決算短信や有価証券報告書の作成、株主総会の招集通知等の作成についてはやったので、このあたりは自信をつけることができた。
 また会社もジャスダック、東証2部、東証1部へと進んでいくにつれ、人材の採用が格段に楽になっていった。やはり、応募してくる数も質も異なる。中には「未上場の頃に比べてガツガツした元気のあるヤツが少なくなった」という声も聞こえはしたが、会社にもそれぞれのステップに応じて必要な人材の姿があるというものだ。
 ところでこの職場で得た教訓は、「転職や異動などで職場が変わった場合、最初の仕事をきっちりと行うことは重要」ということだった。僕の場合、実質的に任された最初の決算であるミスをしてしまったおかげで、周囲からの信頼を取り戻すのにしばらく時間を要してしまった。
 そうは言っても、最初から張り切りすぎるのは周囲の反感を買う可能性がある。「変だな」と思うことがあっても、自分が一通り業務を理解するまでは自分なりに考えた改善点とともにいったん頭の中にとどめておくのがよいと思う。

続く
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

私の転職日記 その8 [会社のこと]

前回より続き

ここでの肩書きは「管理部長」。経理総務財務等管理部門全般を見るポジションである。ところが入社後、社長が僕に求める仕事と、僕がやりたい仕事との間に大きなギャップがあることが分かった。ここの社長は会社の経営に関する細かい点にこだわりを持ち、あらゆる点を自分が見ないと気がすまない人であった。社長としてはその「こだわり」を、そのまま承継してくれることを望んでいるようだった。
 別に経営スタイルにこだわりを持つこと自体は否定しないし、何から何まで自分で見ないと気がすまないオーナー経営者はいくらでもいる。ただ、前述のギャップは耐え難いほど埋めがたいものだった。それは社長にとってもそれは同じであったのだろう。お互いに、「入社前とは話が違う」「こいつは俺の期待に応えないやつだ」という思いが高まり、徐々に関係は悪化していった。それでも、仕事を忠実にこなすことで信頼を得ればまた展開は変わるかとも思い何度かトライしようとしたのだが、結局それよりも早く社長による「見切り」がなされたのだった。入社8ヶ月で、またも転職活動を余儀なくされる。ちなみにこの会社は今でも上場してない。
 ここで得られた教訓は「入社前に自分に求められる役割をきっちりと確認しておくこと」だ。また次の会社でも実感することだが、一度信頼を失うとそれを回復するのが難しくなることが多い。

続く

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

私の転職日記 その7 [会社のこと]

前回より続く

この会社の社長の強烈な個性には、もともとついていけないと感じていた(細かな話は省略するが)。前述のように上司の役員が気を遣ってくれていたのでなんとか続けられていたが、いつかこの会社は辞めよう、と決心していたのだった。
次の会社を探すにあたり、誰でも名前を知っている大手の人材登録会社と、知り合いから紹介された小さな人材紹介会社にそれぞれ登録した。この2社から紹介される会社も検討したのだが、それ以外に、僕が転職の意思があることを知った知り合いの公認会計士(個人事務所経営)より、ある会社を紹介された。また、以前一緒に仕事をした事のある先輩より、この時期たまたま、「うちにどう?」と誘われた話もあり、これらの中から選択することになった。会計士からの話は未上場のIT企業で、先輩からの話は医薬品関係の外資系企業の話だった。このように、後でも書くがこれまでの経験で、転職の話というのはあるときはあちこちから何件も同時期に舞い込むことがある。
結局、会計士から紹介されたIT企業に行くことにしたのだが、この会社(以下C社とする)も毎年順調に業績を伸ばしている未上場会社で、某超大手企業のトップ営業マンとして鳴らしていた現オーナーが独立して作ったワンマン企業であった。入社に際しての面接で言われた言葉は、「もう2度と会えないかもしれない人材の方なので是非来て欲しい。僕の片腕として。」だった(笑)。人材紹介会社からの話はやはり良い話がなく、前述の外資系企業とこのIT企業とで迷ったが、今後、上場も考えているとのことが決め手でIT企業の方に決めた。

続く
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

私の転職日記 その6 [会社のこと]

前回より続き

私は経理担当だったのでそんな営業の世界とは関係なかったが、やはり周囲が色々と騒がしいなか、平常心を持って仕事をするのが困難な場面が多々あった(笑)。それでも、私を採用してくれた役員が入社後も何かと気を遣ってくれたことは助かった。もしそれがなかったら、一人飛び込んだ世界で精神をすり減らしていたかもしれない。
 このように転職する際には、自分のポジションはどうなのか、誰が上司になるのか、というラインを確認しておいたほうが良い。面接した役員や社長が信頼できる人と思っても、その間に別の上司がいるとになると日々の仕事がその人の人格、スキル、意思決定方法等に大きく左右されることになる。

ここでは主に、立ち上げたばかりの子会社の経理を整備しつつ部下を指導する役割だった訳だが、規模的・業種的にも、前職の不動産子会社での経験が役に立ったと思う。もしあのとき出向せずに完全縦割り制の親会社経理部で仕事を継続していたら、このように仕訳から決算までのような幅広い業務をこなすことは困難だったかもしれない。

しかし入社から半年ほど経ったある日、担当役員から「親会社が上場を目指すことになった。ついては親会社の経理を手伝ってくれ」と言われ、直ちに親会社の決算担当として仕事をすることとなった。
それからは昔よくあった話で、証券会社コンサルタント等色々な方々の力を借り、どたばたしつつもかなりの短期間で上場にこぎつけたのだった。この期間は体力的にもつらいものだったが、この上場経験は自分にとって良い経験となったと思う。
しかし、この会社も結局2年強で辞めることになる。

続く

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職
前の10件 | - 会社のこと ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。